荒れ地やガーデニングの草刈|業者に依頼する場合の注意点

お花

草刈の際の道具選び

庭の手入れ

自分の土地で管理するのを放置して手入れせずに雑草だらけになってしまっていることも珍しくありません。しかし、除草剤を撒いてしまうと植物が全く生えてこなくなり、見栄えが悪くなってしまいます。個人で行なう場合、それに必要なものを知る必要があるといえるでしょう。
一般的に多くの方が使用しているのが刈払機であり、種類としては電動式とエンジン式の2種類があります。電動式は一般家庭などの狭い範囲に限定して使用されることが多いので、広い範囲を刈る場合はエンジン式がオススメです。鎌などの道具を使って刈り取ることも可能ですが、広い範囲になると時間も手間もかかるため大変です。
エンジン式の刈払機を購入する場合、用途によって形も違うため注意が必要です。平地の草刈を行う場合には一般的にはUハンドルのものがオススメです。ループハンドルと呼ばれるタイプもありますが、平地では力が入りにくい反面、斜面などでは使用しやすいのです。急斜面で無い限りUハンドルでも草を刈ることはできるため、一台購入するならUハンドルタイプがいいでしょう。また、持ち手の他に気筒の数が2気筒と4気筒の2種類あり、2気筒は構造がシンプルなため重量も軽く同じ排気量なら2気筒の方がパワーも強いです。4気筒は環境に配慮されており構造も複雑で重量も重いです。ただし排気ガスの匂いは2気筒に比べ少なくなっています。また、4気筒はレギュラーガソリンのみですが2気筒エンジンはガソリンとオイルの混合ガソリンを使用します。
草刈を行う際に刈払機の購入を考えている方は上記の点を踏まえて購入すると良いでしょう。ですが、時間も手間もかかり、機材のメンテナンスも必要なためため頻繁に草刈を行う必要が無いのであれば専門の業者へ依頼する選択肢もあります。